ダイオーミウラ株式会社 ラベルシステム営業本部

  • お気軽にお問い合わせください
    受付時間 9:00~18:00 土日祝日休み   

  •  TEL:03-5980-1021
  • 問い合わせフォーム
TOP > 製品情報 > ラベルプリンター > GHSラベルのJIS対応はダイオーミウラ

GHSラベル絵表示暫定措置対応は進んでますか!?



 暫定処置終了間近です
 GHSラベル絵表示の赤枠 暫定措置終了 2022年5月24日



  
GHS_top.jpg


GHSに基づく化学品の危険有害性を表す絵表示を規定している““JIS Z 7252:2019"およびJIS Z 7253:2019”の暫定措置が、2022年5月24日を以って終了し、暫定措置終了後はシンボルの無い“赤い枠”だけの表示は禁止されます。

ダイオーミウラでは、JIS Z 7253:2019で定められたGHSラベルの発行をするお客様をサポートするために、カラーラベルプリンターの選定から、好適なソフトウェアやラベル等のサプライ製品まで一貫したソリューション提案を行わせていただきます。
お客様のご要望に合わせ「必要なGHSラベルを、必要な分だけ、必要な時に発行する」 これがダイオーミウラが最も得意とする改善提案です。

お気軽にお問い合わせください。



このようなお悩みや、お困りごとのある方は、まずご相談ください!



 ラベル発行をシステム化したい
 ラベルを発行した後の貼付を自動化したい

 ラベル+サーマルリボンも組合せがわからない


CONSULTATION_55X170.jpg



GHSラベル 絵表示に関する改定について



2019年5月25日に改正された“JIS Z 7253”が、2022年5月24日で暫定処置が終了し、絵表示の“赤い枠”だけの表示が規制されます。
この改訂により現在、絵表示の“赤い枠”のみラベルに予め印刷し、黒でシンボルをプリンターで追加した際、シンボル未記載部の“赤い枠”の表示が出来なくなります。

 2022年5月25日から絵表示の規格が変わります!

GHS20220524-1_700x784.jpg



  

絵表示に関する改定のJIS規格記載箇所


JIS Z 7253:2019におけるラベル表示改正のポイント

*“GHSに基づく化学品の危険有害性情報の伝達方法―ラベル,作業場内の表示及び安全データシート”より抜粋
*2019年5月25日改正(移行期間3年間:2022年5月24日)


6 ラベルに必要な情報及びその内容の決定手順

***省略***

6.2.2 危険有害性を表す絵表示

GHSで使用する標準的な絵表示を,表2に示す。絵表示は,これらから著しく異なってはならない。ラベルに用いる絵表示は,はっきり見えるように,一つの頂点で正立させた正方形の背景の上に黒いシンボルを置き,十分に幅広い赤い枠で囲む。赤い枠だけの表示をしてはならない
 危険有害性の絵表示は,1 cm2以上の面積をもつことが望ましい。

***以下省略

 参考サイト:日本産業標準調査会 URL:https://www.jisc.go.jp
       日本産業標準調査会サイトより 「JIS検索」をクリックし「JIS規格番号からJISを検索」
       の検索窓に Z7253 と入力し「一覧表示」を選択してください。
       “規格番号 JIS Z7253”を選択すると “JIS規格詳細画面” ページが表示されますので
       PDFファイル「Z7253_001(カラー)」をクリックすると閲覧できます。
       *但し、閲覧するには”新規の利用者登録”よりユーザーIDの取得が必要です。
                     また、ダウンロード、コピー、印刷はできません

GHSラベル絵表示対応について


GHSラベルの絵表示を黒一色のラベルプリンタで表現する場合、予め赤い枠をシンボルの数に合わせ印刷して対応されているメーカー様も居られると思います。

黒1色のプリンターで絵表示のGHSラベルへの表示を行うには、予め赤枠を1個・2個・3個・4個・・・と赤い枠の必要数に合わせラベルを準備する必要がありました。
また、その4種類のラベルを、シンボルの数に合わせてプリンタに掛け替えなければならなくなります。

この方法は、現実的ではないと思われます。

では、どうすればいいのか?

そうです。2色以上の印刷ができるラベルプリンタがあればいいわけです。
シンボルの数に合わせてラベルプリンタで赤枠も印刷すれば、プレ印刷を施したラベルを準備する必要がなくなります。
また、フルカラー対応のラベルプリンターを使用することにより、白紙もしくは共通する内容のラベルで、多くの製品に対応する事も可能です。

但し、も一つ重要なことがあります。2色以上のラベルプリンタにするにはラベル発行システムの見直しが必要となるはずなのです。

ダイオーミウラは、複数色ラベルプリンタのご提供だけでなく、お客様の要望を実現するラベル発行システムのご提供も可能です。
更に、ご使用されるプリンター、要求されるラベル性能に合わせた基材を一貫してご提供させて頂いています。


JIS Z7253:2019で改定されたGHSラベル絵表示に関する対応が未だの方は、是非お問い合わせください。

*暫定処置は2022年5月24日で終了です。


GHSラベル対応サプライ


  


 GHSラベル発行には、ご使用されるラベルプリンター(熱転写、インクジェット、乾式トナー、など)との適正、使用される環境(屋内保管、屋外保管、など)、貼り付ける容器(一斗缶、ペール缶、ドラム缶、など)に適用したラベル基材、粘着剤の選定が必要です。
ダイオーミウラでは、プリンターメーカー、印刷方法に適したラベルを豊富な経験と知識により、好適な組合せを適正なコストでご提案します。

プリンターメーカーではできない、プリンター、サプライ、アフターサービスまで一貫サービスで、ダイオーミウラが提供させて頂きます。

GHSラベルに関する詳細情報は、こちらからどうぞ

お問い合わせ一覧


このようなお悩みや、お困りごとのある方は、まずご相談ください!



 ラベル発行をシステム化したい
 ラベルを発行した後の貼付を自動化したい

 ラベル+サーマルリボンも組合せがわからない


CONSULTATION_55X170.jpg



GHSラベル対応プリンター


・工場内でラベル発行
・ベースラベルに商品ごとの情報を印字
・ラベル自動貼付で省力化に対応

NP-128F

 
 
    *画像をクリックすると詳細ページが開きます 
2色同時印刷対応8インチ幅熱転写プリンター
 特徴
・シンプルな構造で、高耐久
・ラベル自動貼付機との連動可能
・印字品質要求に合わせた熱転写リボンを選択でき、アイテムごとに交換可能
・紙ベース、フイルムベースラベルなど幅広く対応可能
・複数の耐溶剤熱転写リボンから最適な組合せに対応



・少量多品種に対応(1枚から発行可能)
・多種基材の白紙ラベルからフルカラー印刷(印字幅5インチ)
・耐水、耐候性能が必要
・細かいフォント・線、グラデーションに対応

Pro1050
Pro1040
 
 
       *画像をクリックすると詳細ページが開きます 
フルカラー対応5インチ幅カラーLEDプリンター
*Pro1050(5色)/Pro1040(4色)
 特徴
・フルカラー対応で、必要なラベルを必要な数量発行
・普通紙から透明フイルム、合成紙など多種基材に対応
・白色トナーで、文字、ロゴくっきりした透明ラベル発行(Pro1050のみ)
・高い耐水性と耐候性ラベル作成可能
・微細文字、細線、グラデーション再現性
・最高152.4mm/秒の高速ラベル発行


・少量多品種に対応(1枚から発行可能)
・白紙ラベルからフルカラー印刷(印字幅8インチ)
・外部インターフェイス搭載で生産ラインへ組み込み対応
・用途に合わせ、カッター、剥離装置選択可能

CW-C6520A
CW-C6520P
 
 
       *画像をクリックすると詳細ページが開きます 
8インチ幅インクジェットプリンター
 特徴
・フルカラー高画質プリンター
・マットインク、フォトインクの両インク対応機をラインナップ
・用途に合わせて、オートカッター、ピーラー(剥離)装備機選択可能

・外部インターフェイス搭載、ラインへの組み込みに対応
・複数プリンター導入、ネットワーク接続確認対応ユーティリティツールで対応

・白紙ラベルからフルカラー印刷(印字幅4インチ)
・マットインク、フォトインク選択可能 

TM-C7500
TM-C7500G
4インチ幅インクジェットプリンター
  
      *画像をクリックすると詳細ページが開きます 
 特徴
・フルカラー高画質プリンター
・マットインク、フォトインクの両インク対応機をラインナップ
・耐水、耐アルコール性脳の優れたラベル発行
・ノズル自己診断システムでノズル詰まりの影響を最小限にラベル発行


・少量多品種に対応(1枚から発行可能)
・白紙ラベルからフルカラー印刷(印字幅4インチ)
・外部インターフェイス搭載で生産ラインへ組み込み対応
・用途に合わせ、カッター、剥離装置選択可能

CW-C6020A
CW-C6020P 

4インチ幅インクジェットプリンター
      *画像をクリックすると詳細ページが開きます 
 特徴
・フルカラー高画質プリンター
・マットインク、フォトインクの両インク対応機をラインナップ
・用途に合わせて、オートカッター、ピーラー(剥離)装備機選択可能

・外部インターフェイス搭載、ラインへの組み込みに対応
・複数プリンター導入、ネットワーク接続確認対応ユーティリティツールで対応


ラベルに要求される仕様、能力、ご利用環境によって推奨するプリンターは異なります。
ご使用条件、ラベル要求などお気軽にご相談ください。



このようなお悩みや、お困りごとのある方は、まずご相談ください!



 ラベル発行をシステム化したい
 ラベルを発行した後の貼付を自動化したい

 ラベル+サーマルリボンも組合せがわからない


CONSULTATION_55X170.jpg



“GHSラベル発行システム” -化学業界活用事例- 

システム概要

上位システムデータベースの製品データを元に、GHSラベルを発行します。
上位システムの製造指図から、印刷指図データを受取りGHSラベルの発行を行います。

導入機器

  • ・ラベルプリンター NP-128F
  • ・カラーLEDラベルプリンター Pro1050/1040
  • ・インクジェットラベルプリンター
  •     LX-P5500/D5500
  •   CW-C6520A/6520P
  •   TM-C7500/G 

運用イメージ

運用イメージ

メリット

  • ・ラベル印刷システムデータベースは、上位システムよりファイル伝達されたI/F項目を保存・管理することが可能です。
  • ・クライアントPCでは、送信された印刷指示をもとにラベル発行を行えます。
  • ・現場の状況に応じて、印刷指図の変更、手入力によるラベル発行等柔軟なラベル発行対応が可能です。

省力化対応

  • ・ラベルプリンター”NP-128F”は、ラベル貼付け装置と連動し自動貼付けを行う事ができます。
  • ・インクジェットラベルプリンター、LEDカラーラベルプリンターは、ラベル巻取り装置で、印字発行したラベルを一旦巻取り、ラベル貼付け装置で自動貼付けを行う事ができます。
  •  
  • *ラベルプリンター、ラベル貼付け装置設置場所については、ご相談ください。
  •  


〇GHSラベル発行パンフレットはこちらからダウンロードできます。
  
 
  *上のバナーをクリックすると“カタログ・資料”ページが開きます。


このようなお悩みや、お困りごとのある方は、まずご相談ください!



 ラベル発行をシステム化したい
 ラベルを発行した後の貼付を自動化したい

 ラベル+サーマルリボンも組合せがわからない


CONSULTATION_55X170.jpg



「製品・システム」に関する
お問い合せはこちらまで

お電話でのお問い合わせ
03-5980-1021(受付時間 9:00?17:00 土日祝休み)
Webでのお問い合わせ
問い合わせフォーム

おすすめ製品

おすすめ商品
prev next
 
WEBカタログ
各カタログ・資料のPDFファイルをダウンロード頂けます。
詳細を見る
 

体験版ソフトウェア Label Maker RakuRakuWin2

 

簡単・お手軽に思い通りのラベルが作成できるソフトウェア。体験版のダウンロードはこちらから。
詳細を見る
 

お問い合わせ

商品についてのお問合せは、営業部へ
お気軽にお問い合わせください
受付時間 9:00~18:00 土日祝日休み

03-5980-1021

03-5980-1025

問い合わせフォーム