ラベルプリンター・リーダー・ソフトウェア・オンデマンド用特殊紙まで一括管理の総合商社です。

  • お気軽にお問い合わせください
    受付時間 9:00~18:00 土日祝日休み   

  •  TEL:03-5980-1021
  • 問い合わせフォーム
TOP > ご活用事例 > 化学関連 ご活用事例

化学関連 ご活用事例

EXAMPLE for Chemistry

GHSラベル 絵表示に関する改訂について



2019年5月25日に改正された“JIS Z 7253”が、2022年5月24日で暫定処置が終了し、絵表示の“赤い枠”だけの表示が規制されます*1
この改訂により現在、絵表示の“赤い枠”のみラベルに予め印刷し、黒でシンボルをプリンターで追加した際、シンボル未記載部の“赤い枠”の表示が出来なくなります。
GHS20220524-1_600x400.jpg


  


JIS Z 7253:2019におけるラベル表示改正のポイント

*“GHSに基づく化学品の危険有害性情報の伝達方法―ラベル,作業場内の表示及び安全データシート”より抜粋
*2019年5月25日改正(移行期間3年間:2022年5月24日)


6 ラベルに必要な情報及びその内容の決定手順

***省略***

6.2.2 危険有害性を表す絵表示

GHSで使用する標準的な絵表示を,表2に示す。絵表示は,これらから著しく異なってはならない。ラベルに用いる絵表示は,はっきり見えるように,一つの頂点で正立させた正方形の背景の上に黒いシンボルを置き,十分に幅広い赤い枠で囲む。赤い枠だけの表示をしてはならない
 危険有害性の絵表示は,1 cm2以上の面積をもつことが望ましい。

***以下省略

 参考サイト:日本産業標準調査会 URL:https://www.jisc.go.jp
       日本産業標準調査会サイトより 「JIS検索」をクリックし「JIS規格番号からJISを検索」
       の検索窓に Z7253 と入力し「一覧表示」を選択してください。
       “規格番号 JIS Z7253”を選択すると “JIS規格詳細画面” ページが表示されますので
       PDFファイル「Z7253_001(カラー)」をクリックすると画面表示されます。
       *ダウンロード、コピー、印刷はできません。

化学関連事例化学関連事例

GHSラベル 絵表示 2色印刷

化学製品(成形品、医薬品・医薬部外品、食品等を除く)には、注意喚起のためにラベルに絵表示を行う事が、JIS(日本工業規格)で決められ、赤い枠に指定されたシンボルマークを黒で印刷するよう規定されています。

2019年5月25日に改正された“JIS Z 7253”が、2022年5月24日で暫定処置が終了し、絵表示の“赤い枠”だけの表示が規制されます。
また、引続き 作業場内でも大きな容器から小分けした際には、小分けした容器にラベル情報を表示する必要もあります。

ダイオーポスタルケミカルでは、独自開発の2色ラベルプリンター“NP-128F”“NP-122シリーズ”および、各種カラーラベルプリンターを取り揃え、汎用・専用ソフトウェアで皆様のご要望に応じた、システムソリューションを提供させていただきます。

絵表示に関するJIS規格変更履歴

2012年3月制定“JIS Z7253:2012
*絵表示を黒色の枠線に黒色の絵表示から、赤色の枠線に黒色の絵表示
2015年12月31日“JIS Z7251:2006”暫定措置終了
2016年12月31日“JIS Z7251:2010”暫定措置終了
*赤色の枠線に黒色の絵表示で表示したラベルを表示


〇GHSラベル発行パンフレットはこちらからダウンロードできます。
  
 
  *上のバナーをクリックすると“カタログ・資料”ページが開きます。

システム概要

上位システムデータベースの製品データを元に、GHSラベルを発行します。
上位システムの製造指図から、印刷指図データを受取りGHSラベルの発行を行います。

運用イメージ

運用イメージ

メリット

  • ・ラベル印刷システムデータベースは、上位システムよりファイル伝達されたI/F項目を保存・管理することが可能です。
  • ・クライアントPCでは、送信された印刷指示をもとにラベル発行を行えます。
  • ・現場の状況に応じて、印刷指図の変更、手入力によるラベル発行等柔軟なラベル発行対応が可能です。

省力化対応

  • ・ラベルプリンター”NP-128F” “NP-122W/X”は、ラベル貼付け装置と連動し自動貼付けを行う事ができます。
  • ・インクジェットラベルプリンター、LEDカラーラベルプリンターは、ラベル巻取り装置で、印字発行したラベルを一旦巻取り、ラベル貼付け装置で自動貼付けを行う事ができます。
  •  
  • *ラベルプリンター、ラベル貼付け装置設置場所については、ご相談ください。
  •  

化学関連業界におすすめの製品

環境や用途によっても変わりますので、下記お問い合わせ先までご相談ください。貴社に合った組み合わせをご提案させて頂きます。

・化学製品外装用”GHSラベル”の原紙は、こちらのページでご紹介させていただきます。

  • 熱転写プリンター

    NP-128F

    NP-122W/X

    ラベル自動頭出し、リボンユニット採用で、サプライ交換効率アップ。
    GHSラベル発行に最適な、2色同時印刷対応の8インチ幅熱転写プリンター
    ・省スペース設計

    詳細へ

  • LEDカラープリンター

    Pro1050/1040

    GP-C831

    カラーLEDラベルプリンター  より早く、より豊かに新しいラベル世界を開拓

    ・高隠蔽ホワイトトナーで透明フイルムで高品質印刷に対応 *Pro1050のみ
    ・大容量インクカートリッジ採用
    ・耐水、耐紫外線、耐アルコール性実現

    詳細へ

  • インクジェットプリンター

    CW-C6520A/P

    CW-C6520A/CW-C6520P

    機能8インチ幅対応カラーラベルプリンター。

    ・カッター付きモデル(CW-C6520A)
    ・ピーラー(剥離装置)付きモデル(CW-C6520P)
    ・外部インターフェイスで外部機器とインライン組み込みに対応。

    詳細へ

  • インクジェットプリンター

    LX-P5500

    LX-P5500/LX-D5500

    GHSラベル発行にラベルには、強い高耐久の顔料インクモデル“LX-P5500”

    ラインヘッド搭載で高速印刷対応最速150mm/秒

    詳細へ

  • インクジェットプリンター

    TM-C7500/G

    TM-C7500/TM-7500G

    EPSON ColorWorksフラッグシップモデル。高速・高信頼性を両立したカラーラベルプリンター
    ・8ノズル自己診断システム搭載
    ・オートカッター標準装備
    ・識別ラベル、棚札発行にマットインクモデル
    ・写真やグラフィックを高画質に表現する光沢モデル

    詳細へ

  • 熱転写プリンター

    NP-122W/X

    NP-122W/X

    2色同時印刷対応。幅広熱転写ラベルプリンター。GHSラベル発行対応。
    ・8インチ・6インチの2モデルをラインナップ
    ・2ヘッド仕様で2色同時印刷を実現
    ・32bit RISC CPU搭載
    ・最速 120mm/秒 でラベルを発行

    詳細へ

  • インクジェットプリンター

    GP-C831

    GP-C831

    8インチラベル対応 高耐久性インクジェットプリンター
    ・高耐久性能 60万枚出力*
    ・大容量インクカートリッジ採用
    ・シンプル操作で消耗品交換も簡単
    ・顔料インクで水濡れにも対応
    * 9.5×11インチの用紙をドラフトモード印刷時。

    詳細へ

防爆タイプ

防爆タイプラベル貼付け装置

石油化学、化学製品工場の危険箇所に対応。

石油化学、化学製品工場の危険箇所でのラベル貼付けの自動化に。
ラベル貼付けを行う場所の危険箇所種別に合わせた、防爆仕様ラベル貼付機をご提案いたします。

boubaku_275X60.png

*プリンターとの連動は出来ません

 


*1:JIS Z 7253:2019 
 掲載先 日本産業標準調査会ホームページ
     URL:https://www.jisc.go.jp
       日本産業標準調査会サイトより 「JIS検索」をクリックし「JIS規格番号からJISを検索」
       の検索窓に Z7253 と入力し「一覧表示」を選択してください。
       “規格番号 JIS Z7253”を選択すると “JIS規格詳細画面” ページが表示されますので
       PDFファイル「Z7253_001(カラー)」をクリックすると画面表示されます。
       *ダウンロード、コピー、印刷はできません。
  
 
 JIS Z 7253:2019 14ページ 「6.2.2 危険有害性を表す絵表示 」に記載
   
 *以下JIS Z 7253:2019より抜粋
 GHSで使用する標準的な絵表示を,表2に示す。絵表示は,これらから著しく異なってはならない。
 ラベルに用いる絵表示は,はっきり見えるように,一つの頂点で成立させた正方形の背景の上に黒いシンボルを置き,十分に幅広い赤い枠で囲む。赤い枠だけの表示をしてはならない
 危険有害性の絵表示は,1㎠以上の面積をもつことが望ましい。
 なお,絵表示のコードは参照の目的で使用されるように意図されている。これは絵表示の一部ではなく,絵表示に代替できるものではない。また,ラベル及び安全データシートの項目2(D.3参照)に記載しない。

*参照項目は、上記URLを表示し、ご確認ください。


お問い合わせ一覧

「化学関連業界」に関する
お問い合せはこちらまで

お電話でのお問い合わせ
03-5980-1021(受付時間 9:00〜17:00 土日祝休み)
Webでのお問い合わせ
問い合わせフォーム

おすすめ製品

おすすめ商品
prev next
 
WEBカタログ
各カタログ・資料のPDFファイルをダウンロード頂けます。
詳細を見る
 

体験版ソフトウェア Label Maker RakuRakuWin2

 

簡単・お手軽に思い通りのラベルが作成できるソフトウェア。体験版のダウンロードはこちらから。
詳細を見る
 

お問い合わせ

商品についてのお問合せは、営業部へ
お気軽にお問い合わせください
受付時間 9:00~17:00 土日祝日休み

03-5980-1021

03-5980-1025

問い合わせフォーム


bnr_postalchemical.png